煩悩パズル 5話 ネタバレ【私にはもう立獅しかいない】

こんにちは!mochaです♫

 
今日は 煩悩パズル 5話 を読んだネタバレ感想を書いていきますね(*^^*)
 
 
コミック「煩悩パズル 」 5話はリンク先のサイトで無料立ち読みが出来ます♬ 会員登録も不要で、スマホですぐに読めて便利ですよ!
 
 
 
※「煩悩」で検索をするとすぐに出てきます(*^^*)
 
 
 
 
一緒に立獅の家にいった紬。
 
 
 
シャワーを浴びて出たら、大きめTシャツのみが置いてあった。
 
 
 
これって・・・男性の夢なのかしら?ww
 
 
 
 
立獅の部屋にはいった紬。
 
 
 
 
お互いに少し緊張気味だったところ、少し過去の話しをするふたり。
 
 
 
 
 
「お前がほかの男を知らなきゃよかったのにって心底思う」
 
 
 
立獅くんのヤキモチですね〜♡
 
 
 
 
あ・・・・っ。・・・んっ。
  
 
 
 
 
「そーいう顔もっと見せて欲しい
 
 
 
何もかもがこの人だったら良かったのにと、立獅に抱かれながら思う紬。らぶらぶ♡
 
 
 
翌日朝起きようとしたら、紬が39度の熱を出していることに気付く。
 
 
 
朦朧とする意識の中で、また「背中押す」って言われた気がして、
 
 
 
またもや複雑…。
 
 
  
 
立獅好き・・・。好き・・・だよぅ・・・」
 
 
 
 
可愛く甘える紬ちゃんがかわいすぎて萌え死にしそうだよ〜〜〜〜(≧∇≦)
 
 
 
 
でも翌日には忘れているっていうツンデレっぷりがまた最高っ!!!!
 
 
 
 
さぁ次はどうなるかな〜〜〜〜\(^o^)/
 
 
 
 
電子コミックはスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来て、一度買ったコミックは使用する端末で、いつ、どこでも、読み返すことが出来るので便利です♡

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイント!本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます(^_^)/

電子コミックは使ったことがない!という人は一度試してみてはどうでしょう?

 
 
コミック「煩悩パズル」 5話はリンク先のサイトで無料立ち読みが出来ます♬ 会員登録も不要で、スマホですぐに読めて便利ですよ〜☆
 
 
 
※「煩悩」で検索をするとすぐに出てきます(*^^*)