私たちはセックスの仕方がわからない 3話ネタバレ♪【初めての経験だったのに】

こんにちは!mochaです(*^^*)

 

 

私たちはセックスの仕方がわからない 3話 を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

 

 

 

私たちはセックスの仕方がわからない 3話を読んだネタバレ

 

 

 

コミック『私たちはセックスの仕方がわからない』は無料立ち読みが出来ます!!会員登録も不要で、スマホですぐに読めて便利ですよ!

 

 

 

「 私たちはセックスの 」で検索をするとすぐに出てきます。

 

 

 

涼は自分が処女だということで保科にひかれないかどうか不安でいっぱいです。

 

 

 

でも好きな気持ちから、ホテルに行くことを覚悟決めます。

 

 

 

まぁ・・・確かに28歳で処女って、、、不安になりますよね(;・∀・)

 

 

 

保科はそんな涼の気持ちはつゆ知らず、首筋にキスしたり、胸を触ったりと優しく愛撫をしてきます。

 

 

 

徐々に蕩けそうになってきていた涼ですが、「先にお風呂にはいってきてもいいかな…」と聞くも、、、

 

 

 

「いいですよ、このまま後で一緒に入りましょう」、、、と聞いてるのか聞いてないのか、、(笑)

 

 

 

カミングアウトする機会も、お風呂に行く機会も逃したまま、涼は保科くんに洋服を脱がされ…

 

 

 

気持ちよくなってきて、保科くんの愛撫に身も心もとろっとろにされてしまいます♡

 

 

 

「百瀬さんのここ、可愛いピンク色ですね」・・・なんて言われて恥ずかしいながらも感じまくる涼(*´艸`*)

 

 

 

素直に涼が反応してくれるから、保科くんもどんどんとせめてきます♡

 

 

 

「乳首 弄られるの好きなんですね。指と舌どっちが良かったですか?」なんて余裕できいてきちゃう…!

 

 

 

お互いに興奮バロメーターが高潮!

 

 

 

保科くんはクールに見えますが、実はえっちは濃厚で・・・激しいタイプみたいですね(≧∇≦)

 

 

 

観ているこちらまで興奮してきちゃいますが・・・

 

 

 

当の本人・涼は、意識が飛びそうなくらい保科の指で快感を味わってしまい、思わず・・・

 

 

 

「初めてだから優しくしてください」というと、途端に保科はピタリとやめてしまいます。

 

 

 

いきなりやめてしまった保科の行動に驚いて、焦ってしまう涼でしたが、

 

 

 

やっぱり自分が処女だから萎えてしまったのか・・・と自分をせめます。

 

 

 

一方保科くんも、自信を無くしたような表情をしつつ、突き放すような冷たい態度をとってしまい…?!

 

 

 

うまく言っていたかのように見えてなのにどうなっちゃうんでしょう?!

 
 
 
コミック『私たちはセックスの仕方がわからない』無料立ち読みが出来ます!!

 

 

会員登録も不要で、スマホですぐに読めて便利ですよ!

 

 

「 私たちはセックスの」で検索をするとすぐに出てきます。

 

 

『私たちはセックスの仕方がわからない』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

私たちはセックスの仕方がわからないは無料立ち読みが出来ます!!

 

 

 

「 私たちはセックスの 」で検索をするとすぐに出てきます。

 

 

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

私たちはセックスの仕方がわからない 4話ネタバレ♪【向き合うふたり。】

2017.08.03