危険純愛D.N.A. 3話ネタバレ♪【亜美も自分の気持ちに気づき始め…】

こんにちは!mochaです(*^^*)

 

危険純愛D.N.A. 3話 を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

 

 

危険純愛D.N.A.3話を読んだネタバレ

 

 

 

コミック『危険純愛D.N.A.』は無料立ち読みが出来ます!!会員登録も不要で、スマホですぐに読めて便利ですよ!

 

 

「 危険純愛 」で検索をするとすぐに出てきます。

 

 

 

「好きなんだ亜美」

 

 

 

「・・・千尋は何を言ってるの?」思考が停止しそうになる亜美でしたが、千尋は続けます。

 

 

 

「俺だってこんなこといいたくなかった!こんな・・・シスコンみてーなこといいたくなくなかった!!」

 

 

 

へ・・・・・・?! ( ゚д゚)ポカーン

 

 

 

姉として好きで心配だというふうに冗談めかしてしまったね、千尋くん(笑)

 

 

 

帰宅途中、昔のことを思い出す千尋。

 

 

 

「あの頃いつも思ってた。いつか俺が・・・俺だけが絶対亜美を守る男になるって」と笑顔で亜美をみると、、

 

 

 

亜美は千尋を意識してドキドキし始めます(*´艸`*)

 

 

 

「どうしてこんなに千尋のことばかり考えちゃうの?」 自分の気持ちがわからないまま朝登校すると、臣吾があらわれ・・・!

 

 

 

すっかり途中で帰ってしまったこと忘れていた亜美(笑)臣吾の存在感薄っ!(笑)

 

 

 

「何もかも忘れちゃうぐらい、好きな男のことでも考えてた?」臣吾のこの言葉に動揺する亜美(*´艸`*)

 

 

 

すかさず千尋があらわれ、持ち前の可愛さ?を使って臣吾を遠ざけますが、そのまま登校しつつ熱で倒れます。

 

 

 

保健室でふたり・・・

 

 

 

「そこまで心配しなくても、小泉くんに遊ばれたりしないよ」と亜美。

 

 

 

「少しでも編みに男を近づけたくないから。言っただろ。俺が、俺だけが編みを守る男になるって」

 

 

 

そのまま寝落ちしてしまった千尋ですが、その寝顔をみながら色々と考えて、千尋を「男」として意識する亜美。

 

 

 

そんな時、千尋は少し苦しそうにしていると思わず亜美を引き寄せてキスをします。(勿論千尋は寝ています)

 

 

 

寝ぼけながら自分を好きな子と間違えてキスしたの?と思うと、嫉妬で苦しくなった亜美は・・・

 

 

 

自ら寝ている千尋に口づけをして・・・・!!!!

 

 

 

ついに亜美も千尋のことがーーーーーーー?!\(^o^)/

 
 
 
コミック『危険純愛D.N.A.』無料立ち読みが出来ます!!

 

 

会員登録も不要で、スマホですぐに読めて便利ですよ!

 

 

「 危険純愛 」で検索をするとすぐに出てきます。

 

 

『危険純愛D.N.A.』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

危険純愛D.N.A. は無料立ち読みが出来ます!!

 

 

 

「 危険純愛 」で検索をするとすぐに出てきます。

 

 

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

危険純愛D.N.A. 4話ネタバレ♪【千尋に好きな人がいると思って嫉妬する亜美】

2017.07.02